幼保連携型認定子ども園 名島りすの森こども園

社会福祉法人グリーンコープ 幼保連携型認定子ども園 名島りすの森こども園の公式ホームページです。

092-674-2380

News&お知らせ

HOME > News & お知らせ > 2020.3.17(火)お別れ会がありました

2020.3.17(火)お別れ会がありました

2020年3月31日

画像はありません
画像はありません

卒園も間近に迫ったこの日、きりん組の子ども達とのお別れ会を行いました。
はじめに、きりん組の子どもたちから「お当番頑張ってね」とお当番バッヂを、そして「来年ももち米を作ってね」と今年収穫した「もち米の稲穂(種)」をくま組の子ども達に託す「種おくり」の会をしました。

在園児からは、全クラスの子ども達で手分けして作ったフォトフレームを、お別れのしるしにきりん組の子ども達にプレゼントしました。
質問タイムでは、「どうしたらかっこよく話しを聞けるようになるのですか」「くま組が寝ている時間は何をしていたのですか」「下のクラスに移動してからどこでご飯を食べていたんですか」など、在園児たちから様々な質問が出ていました。きりん組のお兄さん、お姉さんたちはそれぞれ「体操座りをして先生を見るとかっこよく聞けます」「(みんなが寝ている時間は)お勉強をしていました。(よいこの学習という絵本を利用していました)」「下のお部屋や廊下、園庭で食べました」など、手を挙げ堂々と答えてくれて、さすがもうすぐ小学生!といった風格を漂わせていました。

その後、きりん組の子ども達から一人ずつこの一年でできるようになったこと、がんばったことを発表してもらいました。「お友達がたくさんできた」「跳び箱が6段とべるようになった」「走るのが速くなった」「逆上がりができるようになった」など、それぞれの得意技を発表、披露してくれて、在園児の子ども達からは自然と「すごーい!」という歓声と共に拍手が起きていました。

また、一年間を振り返りながら、季節の歌をみんなで歌いました。初めて4月にみんなと出会ったこと、公園でどんぐりを拾ったこと、お手紙を交換したこと…たくさんのことを振り返りながらきりん組の子ども達を送ることができました。
最後に園長先生から、きりん組さんへお祝いと感謝の言葉、きりん組さんが小学校へ行ってもみんなで頑張るぞ!という気持ちをお話してもらいました。

出会いと別れの春です。残りわずかな期間ですが、最後までみんなのあこがれだったきりん組のお兄さん、お姉さんたちとの関わりを大事にしながら過ごしていきたいです。

ファイルはありません
ページトップへ戻る